タニタ 体組織系 BC-705-SVはシンプルで高性能

-  |  次の3件 »

BC-705のアスリートモードはちょっと特殊

BC-705にはアスリートモードというものが装備されています。

これは、プロのスポーツマンや特別に筋肉を鍛えているボディービルダーなど、一般人よりも筋肉量おが異常に多い人にとって、平均レベルでは数値が正確に測りにくい人のためのもの。

一般の平均で測ってしまうと、さすがに筋肉量が多い人にとってはまったく正確な数値などがでないのは当然です。

当然、アスリートの体格だと電気信号の伝わり方等が一般の方とは違いすので、BC-705ではそのような人のためにアスリートモードを用意しています。


TANITA 【乗った人をピタリと当てる「乗るピタ機能」搭載】 体組成計 シルバー BC-705-SV










_

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BC-705で基礎代謝量を量る

BC-705は、基礎代謝量を測ることができます。

基礎代謝量とは、生きているだけで消費するカロリーの事。
特に運動をしなくても、心臓が動いていたり血液が流れていたり、また筋肉は常に微妙に動いて熱を発しているわけです。

このように、何もしていなくても消費するカロリーが基礎代謝です。

BC-705も当然ながらこの基礎代謝が測れますので、自分の年齢と基礎代謝量の比較を把握しておくこともダイエットには大切です。

なお、基礎代謝量を増やすには筋肉量を増やすのも一つの方法です。
ほかにも、心肺機能を高めたりするのも良い方法ですね。

ちなみに、30歳〜50歳くらいまでの男性の基礎代謝量平均は、1500kcal/日、
女性では1170kcal/日となっています。


TANITA 【乗った人をピタリと当てる「乗るピタ機能」搭載】 体組成計 シルバー BC-705-SV










_

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BC-705で自分の筋肉量レベルを知る

BC-705では、筋肉量も測ることができます。

筋肉はエネルギーを消費する組織なので、筋肉量が多いほど食べても太らない身体ができあがります。

例えば同じ距離を歩いても、筋肉量が多い人のほうがカロリーをたくさん消費しているのです。

車に例えると、燃費の悪い車という事になりますね。

ただ、生活を考えるとやはりエネルギー消費の燃費は悪い方が太りにくい、便利な身体だということが言えます。

BC-705では、見た目で筋肉がある、ないということではなく、身長に対しての筋肉量を正確に測ってそれを大まかなレベルで出すことができます。

TANITA 【乗った人をピタリと当てる「乗るピタ機能」搭載】 体組成計 シルバー BC-705-SV










_

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © タニタ 体組織系 BC-705-SVはシンプルで高性能 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
古代ローマやギリシャ人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。